BIG TOE & SATOの筋肉オフ会
Since 2001

第16回 大阪筋肉オフ会
第1回 筋肉オフ会 2001年10月 記念すべき第1回は大阪北新地「つかね」にて開催。徹夜でした。
第2回 筋肉オフ会 2002年10月12日 大阪弁天町「ティティカカ」にて
第3回 筋肉オフ会 2003年11月8日 大阪弁天町「ティティカカ」にて
第4回 筋肉オフ会 2004年10月9日 大阪弁天町「トップラン」にて
第5回 筋肉オフ会 2005年10月8日 大阪丸ビル「カラット」にて
第6回 筋肉オフ会 2006年9月30日 大阪京橋「ニューヨーク1」にて
第7回 筋肉オフ会 2007年11月10日 大阪丸ビル「カラット」にて
番外編 2007年11月24日 BODYBUILDING JP 第1回 東京オフ会
第8回 筋肉オフ会 2008年10月4日(土) 大阪梅田「CANOPY」にて
第9回 筋肉オフ会 2009年10月31日(土)
大阪マルビル「CARAT」にて
第10回 筋肉オフ会 2010年10月2日(土) 記念すべき第10回は道頓堀ボテルにて120人を超える参加にて開催。
第11回 筋肉オフ会 2011年12月29日(木) 年末ギリギリ筋肉オフ会でしたが50名の筋トレマニアが集結!!
第12回 筋肉オフ会 2012年10月6日(土) 阪急ステーションビル17階 「里山ダイニング」にて
第13回 筋肉オフ会
(東京・渋谷)
2013年10月13日(日) 東京・渋谷スペイン坂「ビストログルマン」にて
第14回 筋肉オフ会 2013年12月28日(土) 大阪・中の島
「TERRACE on the WATERFRONT DOJIMA BOGART'S CAFE」にて
第15回 筋肉オフ会 2014年10月4日(土) パーティスペース「カンパーニュ」
第16回 筋肉オフ会 2015年10月7日(土) 大阪マルビル「カラット」飲み放題・食い放題・個室
第17回
筋肉オフ会
2016年10月1日(土) 大阪マルビル「カラット」飲み放題・食い放題・個室

2017年 筋肉オフ会緊急中止になりました!!


2017年6月末、私BIGTOE、喉の違和感を感じ近所の耳鼻咽喉科を受診しました。その結果、「大きな病院で検査を
受けたほうがいいです」とのことで、所沢の「防衛医科大学病院」へ。

「エコー検査」で喉に腫瘍があることが判り、「CTスキャン」を受けるとその腫瘍が気管内に伸びているとのことから、
「気管支内視鏡検査」へ。
腫瘍の画像を目の当たりにすることになる。同時に細胞を採取。

結果、気管内から喉頭部へ伸びる10cm近い「腺様嚢胞癌」という稀少癌であることが判明。

この「腺様嚢胞癌」、効く抗がん剤がなく放射線も効かない。
性質的には、しつこく、転移、再発しやすいという。
打つ手といえば、重篤な障害が残る外科手術のみという。

もともと、「体にメスは入れたくない」考えだったのでセカンドオピニオンとして築地の国立癌センターへ。
しかし、見方に大きな差はなく、障害が残る外科手術しかないとのこと。
重粒子線、サイバーナイフ、免疫療法、遺伝子療法と模索するも有効な治療法が見つからない。

途方にくれているところに親友からの「スーパードクターを紹介するから是非受診してほしい。」との電話。
そして、サードオピニオンとして「亀田京橋クリニック」へ。

しかし、頭頸外科と呼吸器外科のふたりのスーパードクターの診断はもっと逼迫したものとなる。

「すでに気管内の癌が気管の3分の2を塞いできており、放置すれば早ければ3ヶ月で窒息死する」というのだ。

命をつなぐには、「喉頭部全摘出」、「気管のほとんどを切除して胸に気管孔という人口の呼吸器を
つくる」しかない。

それも時間的な猶予はなく手術するにしてもギリギリのところまできているとのこと。

1週間の熟考の末、「亀田総合病院」で「生きる!」決断をすることに。

喉の違和感以外に自覚症状は全くなく筋トレも絶好調だったのに・・・。

9月11日、千葉県鴨川市の亀田総合病院に入院。

9月12日、長ければ16時間におよび、合併症も含めると10〜20%死に至る可能性があるという
大手術を受ける。


詳細は・・・

「BIGTOEの未来を生きるために!!!」

http://new-bigtoe.blog.jp/


2018年 何とか半年に及ぶ入院生活を終えて退院しました!!
現在、病院近くの千葉県鴨川で通院療養中ですが必ずや復活し

「第18回 SATOとBIGTOEの筋肉オフ会」

を開催したいと思います!!







 BIG TOEの筋肉物語2トップページへ戻る   http://bigtoe-jp.comへ戻る
Copyright(C) T.Yoshiga All Right Reserved.